www.momoeworld.com

ももえ掲示板 過去ログ 1999年5月(全68投稿)


新たな謎 投稿者:中原 有輝  投稿日:05月31日(月)19時23分13秒

この前、歯医者さんで、「変なニッポン」という
外国の方から見た日本の事が著してある本があり、
何気に手に取ってみると、内表紙に百恵さんがうつっていました。
「血疑」と書いてある横に、小さく数字が書いてあって、
マンガの単行本のような感じでした。1巻(?)から11・2巻あってランダムに散りばめてありました。
(もちろん写真は全て違います。)あれは一体何だったのでしょう?
でも実は、よく見なかったし、本の内容も少ししか読まなかったので、
もしかしたら百恵さんじゃないかもしれません。
(そうだったらごめんなさい)ちなみにその本は、けっこう昔に書かれたようです。

映画「古都」の杉木立 投稿者:ドラ  投稿日:05月30日(日)17時34分59秒

以前、映画「古都」の舞台を訪ねて、北山杉の里を回ったことが
あります。観光地として売り出すこともなく林業を静かに営んで
いる村でしたが、確か北山杉の資料館に百恵ちゃんの写真が飾っ
てあったように記憶しています。村の人も「百恵ちゃんが来てく
れた」と今でも懐かしそうに語っていました。

アタック25 投稿者:Riff  投稿日:05月30日(日)13時49分25秒

ついさっき、クイズ番組「アタック25」で、解答者が「山口百恵」と呼び捨てにして
ピンポ〜ン、正解だったんですが、どんな問題だったか聴いてませんでした。
どなたかお聞きになった方いらっしゃいませんか?ちょっと気になってます。

尊敬します!(笑) 投稿者:かつ  投稿日:05月30日(日)04時05分21秒

Riffさん、すごい!マジで尊敬しますよ。
かく言う自分も振り返れば歌った経験があるんですよねぇ。カラオケバーで何気に
百恵メドレーを選んだら、そこに「美サイレント」も「イミテイション・ゴールド」
も「ひと夏の経験」までばっちり入ってました。歌いながら、しまった!!と思っ
た時にはもう遅し。覚悟を決めて結構本気で歌ってしまったのでした。「あなたに
女のこの一番大切なものを〜」も「ア・ア・ア・」も「あなたの〇〇〇〇がほしいの
です」もしっかり歌ってしまったのでした(^^;)
ところで僕の18番は「さよならの向う側」と「ロックンロール・ウィドウ」です。
(後者も結構来ちゃってるかも知れないな・・・)

宴会芸 投稿者:Riff  投稿日:05月29日(土)22時40分55秒

これもやっぱり宴会芸で“美・サイレント”1回だけやったことあります。男ですけど。
歌ったというより、やってしまった。もち、振り付け・くちパク付き。思い出すだけでも気色悪い。
独身の時だったので、「また婚期逃したね」って周りから言われちまった。
cosmosさんこんばんわ。
北山杉は京都・清滝で撮影されました。沖雅也とのデートは「ただすの森」です。
撮影の時、京都で追っかけてました。

カラオケ 投稿者:MI  投稿日:05月29日(土)10時15分27秒

ハハハ、かつさん、確かに男が『おんなのあたしにーここまで言わせてー』
なんてちょっとね。さすがに僕も歌えないな。
『風たちの午後』ってたしか二階でお母さんがドレスを作っているとかいう
やつでしょ?僕も好きですが、残念ながら僕のCDラックに並ぶどのベスト
盤にも入ってません。『百恵白書』以前のアルバムは持っていないので…

こういうページがあるのを始めて知りました 投稿者:cosmos  投稿日:05月29日(土)01時48分05秒

はじめまして。何から書いていいやら。
先日京都に行って、奇麗な杉林の中を通りすぎて、神護寺まで行きました。
あの引退映画「古都」はどこで撮影されていたのでしょう。あの映画の中の
美しい北山杉の風景を一度拝みたいと思っている私です。

百恵ちゃんの映像 投稿者:安田希紗良  投稿日:05月28日(金)14時26分43秒

第一こうしょうのカラオケではよく、歌手の皆さんの映像が出てきます。
百恵ちゃんの映像・・・難しそうですね。
昔(今から6〜7年前)カラオケで、横須賀ストーリーを歌っているとき
百恵ちゃんの似顔絵が出てきてうれしかった。JOY SOUND でした。

カラオケ 投稿者:まみ  投稿日:05月28日(金)08時21分03秒

カラオケの曲はやはり、メーカーによるみたいですね。
私が以前(4〜5年前)行った店には、かなりマニアックな曲が
充実していて、「あなたへの子守歌」や「クレイジーラブ」が入っていました。
うれしくって、「クレイジーラブ」を歌いました。
でも、とても難しくって、百恵ちゃんってやっぱりすごいんだ。と思いました。
私のオハコは「夢先案内人」と「乙女座宮」ですけど・・。
Riffさん、私も「いい日旅立ち」は結婚式に歌われるのが
以前から不思議だったんです。
それと、「秋桜」の内容を恋人との別れの歌と勘違いしている人が多い。
百恵ちゃんのファンにはそんな人はいないとは思うんですが。
たぶん、メロディの雰囲気から、そんなイメージを作ってしまうんでしょうね。

十八番 投稿者:Riff  投稿日:05月28日(金)01時05分53秒

わたしのオハコは“プレイバックpartU”いまだに宴会芸でやってます。
もちろん、バッチリ振り付け。
あっ、もったいぶっているのでいつもやってるわけじゃありません。
結婚式では“いい日旅立ち”を谷村風に。
でも、この歌ってお別れの歌なんですけどね、なぜかリストにあるんですよね。

カラオケのレパートリー 投稿者:かつ  投稿日:05月27日(木)23時47分51秒

僕も90年代初め頃、よくカラオケに行っていた頃は、百恵さんの歌が少ないな
って思っていました。せいぜい10曲くらいだったでしょうか。しかもその中で
男の僕としてはやっぱり「ひと夏の経験」「イミテイション・ゴールド」「美
サイレント」は歌えないから(歌う勇気ある男っていますかねえ(^^;))
自然レパートリーも限られていくんです。でも最近久しぶりに行ってびっくり
しました。そのボックスにはシングルが全部装備されていて、他にも「曼珠謝
華」もあったんです。僕は初めてそこで「謝肉祭」を歌いました。どうもカラ
オケのメーカーにもよるみたいです。でもたいちさんの言う通り、曲目が少な
いと思うときにはリクエストしようって思います。
ところで、百恵ベストフィルムの結果がもうすぐ出ますね。あれから、もっと
票が増えてくれていることを期待しています。しんいちさん、よろしく!!
まみさん、北斗さんありがとうございました。みよさん、僕も「風たちの午後」
好きです。あのマンドリンのような音が何とも心地よいですよね。百恵さんの
歌の「風に託して・・」というところが何とも余韻があって大好きです。
ふたばさん、はじめまして。

歌うきょくが・・ 投稿者:たいち  投稿日:05月27日(木)21時44分03秒

百恵ちゃんのカラオケって少ないと思いませんか?
確かにメジャーな曲はどの会社のカラオケにもあるけど、マニアックな名曲が少なすぎる!
ユーミンや聖子が全曲そろうなら百恵ちゃんだってもう少しあってもいいのになぁ!
男だってキーコントロールすれば歌えるんだし、もともと、さだまさしや谷村新司、が作った曲なんだから・・
みんなでリクエスト出そうぜ!どの店にもカラオケ会社にだすリクエストカードがあるんだから!
みんなの一票まってまーす。

作詩家としての百惠さん 投稿者:北斗  投稿日:05月27日(木)10時52分27秒

レコード化、CD化されている百惠さん作詩の歌は、以下のとおりで間違いないですよね?

「三浦百恵」名義
 ラ・セゾン(アン・ルイス)
 Clumsy Boy(アン・ルイス)
 I LOVE YOUより愛してる(アン・ルイス)
 シンデレラ・リバティ(鈴木聖美 WITH ラッツ&スター)

「横須賀恵」名義
 銀色のジプシー(山口百恵)
 CRY FOR ME(山口百恵)
 DANCIN’IN THE RAIN(山口百恵)
  想い出のストロベリー・フィールズ(山口百恵)
 一恵(山口百恵)
 通りすぎた風(高田みづえ)
 A・N・TA(三浦友和)
 Let me be lonely(三浦友和)

とにかく、いずれも名曲ばかりだと思いませんか?これらを全部収録したCDが発売されないかなぁ。
レコード会社が違うから無理かなぁ。

はじめまして 投稿者:ふたば  投稿日:05月26日(水)23時47分56秒

はじめまして
百恵さんのHPに辿りついたこと、本当にうれしく思います。そして、その中身の濃さに感謝感激です。その上、
みなさまの書き込みを拝見して、彼女が引退して18年も経っているなんてことを忘れてしまうほどでした。まだ
ファンの胸の中には輝いていてくれる存在である、スーパースターであることを認識しました。ひとつひとつの
書き込みをかみ締めるように拝見しました。そして私にあのころを思い出させてくれました。私が小学生の時から
高校生の時、彼女が引退するまで、いつも心の中にエネルギーを与えてくれた百恵さん。一度も生で見ることが
できなかったけれど、皆様と同じように、山口百恵は私の青春でしたと、胸を張って言えます。彼女が残した数々の
記録は時代と共に書き換えられていったけれど、彼女が人々に与えてくれたものを越えるスターは今まで決して現れ
ないような気がします。時代と共に生きて、時代を作ったスター。その場に姿を現すだけで、周りの雰囲気が変わる、
存在感のある人、本当のスターでした。それだけのインパクトのある芸能人がいるのでしょうか?以前、作曲家の
平尾昌明さんが、”百恵さんは、美空ひばり以上のスターだった”と言われていました。ごく普通の女の子が、
ある日スポットライトを浴びてスターになり、その絶頂で風のように消えてしまう。現役時代、彼女がよく
”さりげなく”という言葉を使っていたのを憶えていますが、本当にさりげなく、生きざまを見せてくれた女性だった
ような気がします。当時、百恵さんの歌はずいぶんと香港でも売れたようですね。あちらの映画の中でもしばしば、
彼女の名前が出てきたり、また彼女に逢いに行く!という映画もあるそうです。先日、香港映画を見ていて、彼女の歌
が挿入歌に使われており、うれしくなりました。HPにもかかれているように、彼女は無冠の女王で、海外にも進出
しようとしなかった。今思うと、引退は本当に悔やまれることかもしれません。すばらしい歌手、感性のあふれる女優
を失ったこと、惜しいです。その反面、一人の女性として、自分の意志を貫いた潔い生き方に感銘を受けます。山口百恵
と言う名の青春、未だ鮮明に胸にあることを改めて感知ることが出来るHPに感謝しています。
新参者の私が長々と書いてしまいましたが、これからもちょくちょくお邪魔させて頂きたいと思います。管理人様はじめ、
皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。このHP、私は百恵さんが必ず見ていてくれると信じています。

名曲ではないけど… 投稿者:みよさん  投稿日:05月26日(水)00時53分50秒

私のお気に入りの歌について、ちょっと書かせてもらいますね。
百恵ちゃんのどのアルバムにも、それぞれ好きな曲がありますが、
あまり話題にならない曲の中で、ついつい口づさんでしまう歌があります。
それはアルバム「横須賀ストーリー」の中の「風たちの午後」です。
とても平凡な女の子の日常を歌った歌です。70年代の、のんびりした風景が
浮かんできて、ほんわかした気持ちになるんです。天気のいい日に自転車を
こいでいるときは、なぜかいつの間にかこの歌を歌ってます。
そして、これはお気に入りとは違うのですが、数ある曲の中で、唯一つっこみを
入れたくなる歌、それは「花ざかり」に入っている「言わぬが花」です。
ついつい「『知らぬが仏』の使い方がちが〜う!」とひとりつっこみをしています。
それにしても、百恵ちゃん自筆の「花ざかり」のタイトル文字。達筆ですね。
とても10代の子が書いたようには見えない…。

シンデレラ・リバティ 投稿者:まみ  投稿日:05月25日(火)23時30分34秒

かつさん、シンデレラ・リパティの作曲者は確か、アン・ルイスです。
作曲者としてはAnnieという名前を使っていると思うのですが。
たしか、この曲は百恵ちゃんが親友のアン・ルイスに頼まれて
頑張っている女性を、同じ女性として応援したいということで作詞した
というのを何かの雑誌で読んだような記憶があります。

赤い衝撃について 投稿者:かつ  投稿日:05月25日(火)21時48分11秒

まみさんのおかげで急に思い出しました。
百恵さん演じる友子をいじめていたのは、異母姉役の原千佐子さんでしたね。
原さんって意地の悪い役をやると本当に憎らしいくらいうまかったですよね。
でも僕は個人的に友子の父親も嫌いでした。横暴で傲慢で、そのくせ裏工作
するずるさもあって、父親としては最悪だな、って腹立たしかったです。
思えばあのドラマで人間的に好意の持てる人ってほとんどいなかったような
気がします。友子のおじいちゃんがいましたよね。今顔は浮かぶんですけど
俳優さんのお名前を忘れてしまいましたが。あのおじいちゃんは好きでした
けど・・・その辺もあのドラマが好きになれなかった理由かも知れません。
なにしろ当時小学生だったもので・・・
百恵さんと競演なさった俳優で子供心にこの人はすごい!と思ったのは三国
連太郎さんです。「赤い運命」と「霧の旗」に出演されていますけど、僕は
どちらの作品も好きなんです。
ところで、以前も書きましたが百恵さんの振り付けというと「イミテイショ
ン・ゴールド」です。バックダンサーのサクセスとの絡みは最高でした。ミ
ステリアスな雰囲気がいっぱいで、大人っぽかったですよね。後になって見
て面白いなと思ったのが「青い果実」です。青い性路線でドッキリするよう
な歌詞にあんな可愛い振りをつけて、そのアンバランスさがなんともよかっ
たですね。「ひと夏の経験」になると、もう色気ある振りになってましたけど。
ところで、恥ずかしいのですが僕は「シンデレラ・リバティ」を聴いたこと
がありません。80年代中ごろとなると、邦楽から完全に離れてしまったもの
で・・・鈴木聖美さんって、「ロンリー・チャップリン」の人でしたよね
(この歌ってホイットニー・ヒューストンの完璧なパクリで僕は好きではあ
りません)作曲者は誰だったのでしょうか。

通り過ぎた風 投稿者:まみ  投稿日:05月24日(月)22時13分50秒

MOMさん、「波を数えていた」という歌詞が出てくるのは、シンデレラ・リバティです。
鈴木聖美のハスキーボイスとこの歌詞が結構しっくりきていたと思うのですが。
それから、通り過ぎた風の歌詞、私が頭の中で記憶している範囲を書きます。
ラジオのミニライブで歌っていたのを録音したものでしか聞いていないので、
覚え違いなど、あるかもしれませんが・・。

確か昔に読んだ、ある童話のように
心をちぎっては道におとしてきた
迷わぬための手だてだったけれど、
時間という名の小鳥たちが
食べてしまった。
誰のせいでもない、それは仕方がない
だけどあのときの心を取り戻せたら、
ひたすらまっすぐにあなたを
信じることができたのに。
通り過ぎた風は優しい
通り過ぎた風は美しい
通り過ぎた風はもう戻らない。

案外すきです。振り付け・・・ 投稿者:安田希紗良  投稿日:05月24日(月)15時38分32秒

プレイバックpart1。
案外私は好きで、よく中学校の頃歌っていました。ラストコンサートのビデオでしか
この曲は見たことがないのですが、あの振り付けが好きです。あと、ちょっとサンバっぽいところが。
確かに歌詞は他の曲の方がいいのがたくさんあると思います。
ラストコンサートでは「ラストソング」も聞きたかった。
メドレーのところでは「夏ひらく青春」が聞きたかった・・・などありますけど、
おそらくラストコンサートの曲目って百恵ちゃんの意見が一番尊重されていると思うんです。
(そう信じたい)・・・でも結構構成的にあの曲目であの曲順でまとまっていたと思うんです。
不死鳥伝説なんかはものすごく良かったし。(特に振り付け)
私はなぜか案外外見にもこだわっているようです。でも振りつけも大事でしょう。
皆さんはどう思われますか?

続・衣装に関する一考察! 投稿者:北斗  投稿日:05月23日(日)23時54分34秒

先日来、百恵さんの衣装のことが話題になっていますが…。
よく「明星」とか「平凡」の誌上で「百恵ちゃんの衣装プレゼント」という企画がありましたよね。
見事当選されたというかた、いらっしゃいませんか?
少し前の書き込みにもありましたが、百恵さんは、ホントに衣装を大事にする人でしたよね。
「紅白歌合戦」や「レコード大賞」で着たものは、必ず、翌年の新曲の衣装になったり
コンサートツアーの衣装になったりしてました。
「プレイバック」の紅白の衣装は、翌年の広島公演で、ラストに「曼珠沙華」を歌うときに
着用されてましたし、(さすがに頭の蝶々?はなかったけど…。)「しなやかに歌って」の
紅白の衣装も、同じく翌年の公演で見ることができました。
ファンとしては、実際テレビで見た衣装を、ナマで見ることができて、本当に嬉しかったものです。
また逆に、「リサイタル」や「百恵ちゃんまつり」でのステージ衣装を、テレビの賞番組で
着用されたりすることも多かったですよね。ラストコンサートの衣装は今、いずこ…。
ちなみに、俺自身は、「謝肉祭」の赤の衣装が好きかな。
「謝肉祭」の青の衣装の、ヒールが前部分についた靴(←うまく表現できない)も印象的でしたけど。
そういえば、この靴も、広島でのさよなら公演で履かれてましたよ。
衣装もそうですが、靴も大事にされていた百恵さんなのでした。(←今日のワンコふう)

赤い衝撃 投稿者:まみ  投稿日:05月23日(日)19時20分22秒

お久しぶりです。パソコンを修理に出していましたので、
2週間分くらい、今日まとめて読みました。
ドラさん、「赤い衝撃」のいじめ役は、南田洋子ではありません。
彼女は三浦友和の母親役です。
ただ、三浦友和と山口百恵の仲を引き裂こうとはしますが・・。
いじめ役は「赤い疑惑」で三浦友和の母親役をしていた女優さん、
「赤い衝撃」では百恵ちゃんの義姉役です。
先ほどまで、「赤い衝撃」のビデオを観ていて、
その直後にこの掲示板を見たので、ちょっと気になりました。

ラストソング 投稿者:Riff  投稿日:05月23日(日)00時28分57秒

ひとつ勝手に思っていることがあります。
百恵さんが一番最後にレコーディングした曲は「神様のおぼしめし」ではないかと。
当時さよならコンサートつづきで、声のコンディションが悪く、秒刻みのスケジュール
の中、リハーサルでどうしても声が出ないので、ラストアルバムへの収録を諦めようと
スタッフが言い出したのを、百恵さんがどうしてもやり遂げたいということで、本番。
プロ意識の強かった百恵、一発OK!という週刊誌の記事があったんですが、どの曲かは
書いてなかったんです。きっとこれだろうと決め込んでました。この曲は必死で声をふり
絞りながら歌っている様子が伝わってきますね。

祝デビュー26周年記念 投稿者:かつ  投稿日:05月22日(土)16時33分24秒

昨日は百恵さんがデビューして26年が経った日でした。僕は夜カラオケ
で久々に百恵さんの歌を歌いました。本当は「としごろ」を歌いたかっ
たのですが、やっぱ”変な人”と思われるかもしれない、それでなくて
も自分より年下の子達ばかりがいっしょなのに(笑)、と思い今回は
「さよならの向う側」にしました。百恵さんの歌を歌われることなんてありますか?
いいかげんに歌った歌というのは多分アルバムには収録されなかったの
ではないでしょうか。僕はそう信じますよ。だから未発表曲が100曲ほど
もあり、でもそれがなかなか陽の目を見ないということだと思います。
ラストコンサートの曲目については選ぶのたいへんだったでしょうね。
あれだけ多くの曲からですからね。「プレイバックPART1」は確かに名曲
とは言えないけど、でも彼女の台詞が好きです。「聞いてね」「プレイバ
ックしたいの」あの低音はいいですね。

百恵さんとしての登場は「朝日ジャーナル」も 投稿者:ドラ  投稿日:05月22日(土)00時15分18秒

残間さん(個人的には苦手・・・)の雑誌は「FREE」で、郷ひろみが
女装して「この雑誌から男女の一線は超えます」とかいう宣伝をやってい
た記憶があります。創刊号は田中角栄インタビューで百恵さんは創刊2号
め。それで第3号で藤原さんがエッセイを寄せていたのではありませんで
したっけ。ところで百恵さんとしては「朝日ジャーナル」にも登場してい
ませんでしたか。2人めのお子さんの妊娠中でしたが。それよりも「EM
MA」の時は百恵さんとして被写体になっておられたのが、今から思うと
親として子どもを守ろうとする強い決意を感じますね。
ところでかつさんも軽く触れておられた「好きじゃない曲はいいかげんに
歌った」曲とは何でしょうかね。「いっかさんぶんのに」(表記できない
のですが「花ざかり」の曲です)かなあ。気楽そう、という表現の方がいいかもしれない。
でもどれも百恵ちゃんの気持ちが伝わってくるんですよね。曲というお芝
居を見ている気分。「水曜日のクオレ」とか「GET FREE」、「愛の
twilight time」、「娘たち」・・・そう、「娘たち」が「惜春 譜」に入
った時は期待しました。どこから漂ってくるのだろう、月下美人、不思議な
花の香り・・・アカペラっぽくアレンジを貫徹して欲しかった気もしていて
オリジナルの方が好きです。

(無題) 投稿者:MOM  投稿日:05月21日(金)15時43分10秒

あー、凄いな。百恵さんのHPって結構あるんですね。私も同年代として、
一緒に歩んできたものです。百恵さんが引退後に確かアルファベット4文字の雑誌、残間さんが作られた
こともあって取材協力されたようです。カメラが藤原さんで百恵さんが取材メンバー用に作った料理がえびの
天ぷらだったと書いてあったように思います。その際に藤原さんが一番好きな曲として質問したのに対して
百恵さんが「落葉の里」を上げてらっしゃいました。大事に取っていた本ですが母が捨ててしまっていました。
あとEMMA(エンマ)で一時期エッセイを執筆されてましたね。お子さんの集団検診の際に取材攻勢が凄くて
お子さんにTVカメラが当たり憤慨した百恵さんが「報道というなの暴力」というタイトルで書いていらっしゃいました。
この本も捨てられてしまってますが。LA旅行の時に百恵さんのジーンズにMOMと落書きがありました。それを
ペンネームとしました。引退後更に好きになりましたね。今は高田みずえさんに書いた「通り過ぎた風」を無性に
聞きたいです。(聞いたことがないもので)。どなたか歌詞をご存知ですか?
14才の時にハワイへ桜田淳子と行き百恵さんが眠らずにじっと沖を見詰めていた際に篠山さんが何しているの?
と聞いたら有名な答えの「波を数えていました」このフレーズが入っていたのは、
「通り過ぎた風」でしたっけ?「シンデレラリバティー」?????

春告鳥 投稿者:MI  投稿日:05月21日(金)12時15分54秒

かつさんの、「春告鳥」について(百恵さんが)「自分のアルバムリスト
から消したい」と語った…というのを読んで、驚いてます。百恵さんが
ホントにそう言ってくれたのなら、凄く嬉しいからです。全く初耳です。
僕はこの『春告鳥』が発売になったその日から、あの酒井プロデューサーが
嫌いになりました。阿木耀子さんが「酒井さんがいなければ、百恵さん
のどの名曲も生まれなかった」なんておっしゃっているぐらいですから、
嫌いなんて言っちゃいけないんだろうけど、でもこのアルバムは全く
ファン(特に,当時ニューアルバムを発売日まで指折り数えて待っていた
ようなファン)を馬鹿にしています。と言うより、せ・こ・い・んです
よ。ついでに言わせて貰うと、『惜春譜』に『百恵回帰2』からの3曲が
入って入るのを見た時も、「ちょっと酒井さん、またですか?」って気
がしました。かつさんもそうでしょうが、当時小さかった僕らにとって
2500円は大金だったんですから!!!(ちょっとスッキリした)。
さて僕は、昨日今日とずっと『落葉の里』をリピートして聴いています。
こんなにたくさんの名曲があるんですから、百恵さん自身も、僕ら
ファンと同じで、“その時その時のお気に入り曲”みたいなものが
あったんでしょうね。でも前から不可解に思ってたんですが、武道館
ラストコンサートで、どうして『プレイバックパート1』なんて、選ん
でわざわざ歌ったんでしょうね?別にたいした曲とも(僕は)思わ
ないし、最後のフィナーレに、他の名曲を差し置いてまで、何故歌いたかったのでしょう?

すみません 投稿者:かつ  投稿日:05月20日(木)21時17分10秒

自分のメッセージを読み直して、ちょっとえらぶってるな、と思いました。失礼しました。

横須賀恵 投稿者:かつ  投稿日:05月20日(木)21時03分44秒

実は僕も「一恵」が発売されるちょっと前に知ったのです。これが
百恵さんのペンネームであることを。「銀色のジプシー」「CRY
FOR ME」なども彼女の作詞だとは知らずに聴いていました。百恵さんは
作詞家としてもなかなかいい線いっていたと思います。papaさんや
安田さんがお好きだとおっしゃる「想い出のストロベリーフィールズ」
もタイトル通り、ビートルズの曲名を散りばめていて素敵です。アン・
ルイスに提供した「ラ・セゾン」も当時シングルを買って聴きまくりました。
MIさんのおっしゃる通り、「娘たち」の歌唱は特筆ものですね。歌自体
もなんだか独特の世界を表現していて大好きです。
MIさんの質問、なかなか興味深いものですね。もちろん僕も製作サイド
の意図は全くわからないのでこれは憶測に過ぎませんが思うところを書
いてみます。シングルB面が重要視されたのはシングル「夢先案内人」
頃からではないか、というのが僕の意見です。それまではB面でアルバム
未収録というのはほとんどなかったはずです。百恵さんが高校を卒業する
前後に発売された「百恵白書」以降彼女のアルバムはコンセプト的色合い
が強くなって、アルバム製作をシングルのそれと切り離して考えようとし
たことが伺えます。だから例えば「春に吹かれて」は曲の出来不出来という
よりも、百恵自身を歌うという「百恵白書」のテーマにそぐわなかったため
にシングルB面に落ち着いたのだと思います。同じ理由で「花筆文字」は
「GOLDEN FLIGHT」にではなく「花ざかり」に収められたのだろうし、「賭
け」も「COSMOS」のテーマには合わなかったのでしょう。彼女にとってはア
ルバム製作とB面製作はきっと次元の違う話だったのでしょうね。だからシ
ングルのA、B面の寄せ集めになってしまった「春告鳥」について「自分の
アルバムリストから消したい」と語ったのだと思います。
最後に一言。papaさんが百恵さんのプライベートに関する書きこみについて
おっしゃられていましたが、やっぱり僕もよくないと思います。僕はこの掲
示板の一参加者に過ぎないので偉そうなことは書きたくありませんが、この
ページだってどなたがアクセスされているのか分かりません。もしかしたら
百恵さんがお読みになっているかも知れません(そうだったら最高ですけど
ね)百恵さんが読んで傷つくような書きこみだけはファンとして避けたいで
すよね。彼女が「蒼い時」で書いたことについて云々するのは構わないと思
いますが、(彼女もそれだけの覚悟で書かれたものだと思いますので)噂に
過ぎないことをここで話すのはやめましょうね。要は堅苦しく考えずに楽し
く、でも百恵さんのことを考えてここで語り合いましょうね。

B面の好きな曲 投稿者:安田希紗良  投稿日:05月20日(木)17時31分41秒

想い出のストロベリーフィールズが好きです。
あの歌を生で聴きたいものです。詩がいいですね。
あっそれと初恋草紙で思い出が・・・。
高校時代、あの服が好きでおばあちゃんにあの写真をみせて「これと同じもの作って」
って言ったら、「色っぽすぎる」って却下になりました。でも欲しかった。

どうもありがとうございました 投稿者:MI  投稿日:05月20日(木)10時39分52秒

Papaさん、Marinaさん、そしてかつさんどうもご返答ありがとう
ございました。ほんとにとても意外でしたが、こんなにはっきりと
教えてくれてとても嬉しかったです。
この話題のB面曲の数々についても以前から不思議に思っていました。
百恵さん、そしてプロデューサーの方々は、どういう基準で
シングルのカップリング曲を選んでいたのでしょうか?
ほとんど同時にニューアルバムを出しながら、敢えてシングルの
B面にはアルバム未収録の曲を入れている場合がありますよね。
例えば『プレイバック』の裏には『Cosmos』に未収録の『
賭け』が入っているし、件の『落葉の里』は何故か『Dramatic
』には入っていません。)
当時僕は、この決断は、その曲がアルバムに入れるにも足らない
駄作だからなのか、それとも出色の出来だからアルバムに入れるには
勿体無いと判断されたのだろうか…、よく思いを廻らしていました。
いったいB面ソングのステータスは、アルバム収録作品より高いか
低いか。いったいどう考慮されていたのでしょうね?
『落葉の里』は僕も好きです。かつさんのおっしゃる通り、フランス
っぽいと僕も思っていました。B面で名唱というのであればやっぱり『娘たち』だと思うのですが。

B面 投稿者:papa  投稿日:05月19日(水)23時08分22秒

かつさん、ありがとうございました。
百惠さんの、曲に対するエピソードの出典元については、個人的にメールでお話ししたいと
考えています。(著作権や、その他の問題がありますので。)
そう言えば、B面という言葉は、もう過去のフレーズなんでしょうね。
82年にカセットテープのみの企画で、「百惠Memorial」が6巻発売されました。
そのvol.6のサブタイトルが「Back−Side Story」で、B面だけを14曲
収録してあります。
1曲目が横須賀惠(百惠さん?)作詞の「想い出のストロベリーフィールズ」で、最後の曲が
花筆文字です。2曲とも素敵な曲ですね。このテープの曲順にCDをMDに録音して、いつも
聴いています。なかなか構成がいいと想います。参考までに収録順を書き込んでおきます。
A)1.想い出のストロベリーフィールズ 2.死と詩 3.アポカリプス・ラブ
  4.イントロダクション・春 5.イノセント(純粋) 6.娘たち
  7.GAME IS OVER
B)1.曼珠沙華 2.シニカル 3.落葉の里 4.賭け 5.口約束
  6.最後の頁 7.華筆文字
書き込みながら想ったんですが、カセットテープには、今でもB面がありましたね。

シングルのB面 投稿者:かつ  投稿日:05月19日(水)21時51分28秒

僕もその記事の話を聞いて、彼女の一番気に入っていた曲が
「落葉の里」だと記憶していました。papaさんの書かれた引
用文(ありがとうございました)を読むと、一概にそうとは
言えないような感じですね。
彼女は当時シャンソンも好きだったそうですが、この曲には
なんとなくフランスの香りがします。昔のシャンソンの雰囲気
がアレンジやメロディーラインに感じられます。特に終わりの
部分の涙声はそうですね。(ジャック・ブレルの「行かないで」
など)
この曲を始めとして、百恵さんのシングルのB面にはいい曲が多い
ですよね。後期の「イントロダクション・春」「アポカリプス・ラ
ブ」なんて出色の出来だし、個人的に「花筆文字」「最後の頁」は
今でも口ずさむ大好きな曲です。好きでない曲はいいかげんに歌った、
というエピソードは非常に驚きましたが、売れて当たり前でコマー
シャルな曲しか歌えなかった百恵さんが自分の好きな曲を歌うための
抵抗手段だったのでしょうか。もしかしたらシングルB面には彼女自身
の好きな曲が収録されているのかも知れません。B面で好きな曲ってありますか?

おひさしぶりです 投稿者:papa  投稿日:05月19日(水)21時12分13秒

papaです。おひさしぶりです。
MIさんへ
個人的でいい加減な書き込みはできないですね、すみませんでした。
藤原新也さんの著書に「乳の海」(情報センター出版局/昭和61年4月)という本があります。
Marinaさんの書き込みにもありますが、残間里江子さんが主宰する婦人雑誌に、
藤原新也さんが「百惠さんの写真を撮り、併せて彼女を書く」という仕事をした時の
ことが、「0.3秒の沈黙」という形で収録されています。
掲示板で著書を引用して良いかどうか、まよったのですが。
187頁の15行目から、188頁の6行目までの8行にわたって書かれてあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 私は、平凡な質問をした。10年間歌った曲の中でどの曲が気に入っているか、と私は彼女に
尋ねたのだ。
 百惠は私の知らない曲の名を言った。
 そのとき彼女がキャビネットの中から抜いてきたシングル盤のA面がなんという曲だったか
忘れたが、ともかくそれは「落葉の里」という名の、何かのヒット曲のB面の曲だった。それ
を聞き終わったとき、正直なところ、私にはそれがおとなしい曲だということはわかったが、
あまり印象には残らなかった。だから、それは多分彼女の個人的ななんらかの想い入れのある曲
なのだろうと勝手に想像した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この文章を読んで、私なりに、百惠さんの好きな曲と判断したのですが、書き込みは、
マズかったですね。反省しています。でも、私は「落葉の里」が好きです。やはり特別の
想い入れがあるからなのかも知れません。百惠さんは、たくさんの曲を残してくれました。
どの曲がよくて、どの曲が嫌いだと言うより、一曲一曲が私にとって大切な「時」を
想い出させてくれる宝物です。
最近、この掲示板の書き込みに百惠さんのプライバシーに関する話題が見られるように
なってきていたので、書き込みを控えていたのですが、この掲示板を末永く続けられる
ように、しんいちさんの優しい気持ちと、百惠さんを愛する人たちの「楽しい場所」に、と願っています。

Re: 落葉の里 投稿者:Marina  投稿日:05月19日(水)15時58分08秒

その雑誌のインタビュー、私も読んだ記憶があります。
“『落葉の里』が一番好き、”と言ったかどうか、定かではないのですが、
私が覚えているのは、“最近よく聴くのは、『落葉の里』。あの頃、こんなに上手に
歌えたのだろうかと思ってしまう。”というようなことを言っていたと記憶していますが・・・。
やはり、昔のスクラップを押し入れから探してみようっと!

落葉の里 投稿者:MI  投稿日:05月19日(水)14時17分35秒

さっき過去の掲示板を暇つぶしにScrollして読んでいたんですが、
一つどうしても気になったメッセージを見つけたので投稿します。
3月7日のPapaさんという方からの書きこみなのですが、それに
よると、百恵さんは引退後の雑誌のインタビューで「私が歌った
歌の中で一番好きなのが『落葉の里』です」と言っていたとの事。
僕にはそれがどうしても信じられないのですが、この事について
誰がご存知の方いらっしゃいますか?(絶対何かの間違いだよね)

私の好きな百恵ちゃんの歌 投稿者:つる姫じゃあ!!  投稿日:05月19日(水)11時28分34秒

はじめまして。子供の頃から、百恵ちゃんのファンです。母親が友和のファンでした
た。今回、初めて、こちらを見させていただいて、とても、感激しております。す
ごいですねー!!昔のTV番組のビデオまで持っているなんて、すばらしい!!
 ところで、私の好きの彼女の歌は、”パールカラーにゆれて””初恋草紙”など
です。今、カナダに住んでいるのですが、百恵ちゃんのCDをもってきませんでした。
このページを見ていたら、とても、百恵ちゃんの歌が聴きたくなってしまいました。

余談ですが 投稿者:Marina  投稿日:05月18日(火)15時05分08秒

おそらく、藤原新也氏と百恵さんは、「蒼い時」発行時にお世話になった残間里江子さんが、
雑誌(タイトル思い出せない!)の創刊号に、百恵さんのインタビューを載せたのですが、
その時に、藤原さんが撮影を担当されたのが縁だと思います。結婚後、数年を経てからでした。
百恵さんは、結婚後も相変わらずカメラに追い回されており、その状況を少しでも変えたいということで、
ご本人もかなりの勇気を出して、マスコミの前に出てきたようです。
彼女の手料理とか、包丁を持つ手の写真もありました。そのページを何度も何度も読んで、
百恵さんは、もう芸能界の人ではないのだ、という印象を強くしました。
ご本人が真正面から写った写真は、最後に残間さんと二人で写ったものだけでした。
その雑誌は、創刊されてしばらくして廃刊になりました。多分、あのページの切り抜きをどこかにしまってあると思います。

百恵さんについて触れた記事 投稿者:かつ  投稿日:05月17日(月)23時21分16秒

とある方に教えていただきました。朝日新聞5月16日付け
の朝刊の読書という欄で、藤原新也という作家兼写真家が
篠山紀信氏が捉えた百恵写真について触れています。もし
よろしければ読んでみてください。
僕も百恵さんがなぜ好き、と言われたら、ここが好きと
偉そうなことはきっと言えません。彼女の歌が好きだし、
ヴォーカルスタイルが好きだし、彼女の演技も好きだし、
また生き方も・・・ありきたりの理由しか出てきませんね。
それでいいと思ってます。
ところで緑の衣装と言えば、「秋桜」でレコード大賞のノ
ミネート式に出席したときの衣装は、ベースが鮮やかな黄
緑色だったように記憶しています。モノトーンではなかった
けれど。覚えていらっしゃる方は教えてください。

好きな理由は人それぞれ・・・ 投稿者:まりん  投稿日:05月17日(月)19時32分53秒

私は、彼女の「自分」を持った生き方にあこがれていました。
周りにながされず、自分らしく生きていく。そんな人生に対する彼女の考えを今でも尊敬しています。
でも、別に「ここが好き」っていうところがなくてもいいと思いますよ。
人を好きになるのは、感性によるところも大きいと思いますからね。
それよりも、世代を超えて愛されることが本当にすばらしいと思います。
私も顔とか歌とか具体的なことではなくて、一人の女性、山口百恵さんが好きなんだと思います。
私自身も、高校の入学試験の面接で「好きな人は山口百恵さんです。」って答えたんですよ。
そしたら、「どこがいいんですか・・・」って言われて落ち込んだのを思い出しました。
無事合格しましたけどね。

初恋草紙 投稿者:MI  投稿日:05月17日(月)19時02分28秒

この歌のシングルジャケットで、彼女は緑のドレスを着ています。彼女自身も,そして僕も一番好きなジャケットです。

1979年生まれの私から見て 投稿者:安田希紗良  投稿日:05月17日(月)14時27分35秒

百恵ちゃんのファンになってからもう今年で6年目です。私は今年の8月15日で20になります。
中学2年の頃から百恵ちゃんを慕い始めているのですが、ようやくこの頃、本当に百恵ちゃんのファン
だと言えるようになったような気がします。友達に「山口百恵のどこが好きなの?」
と聞かれても、はっきりした解答を周囲の人にできなかった自分を恥じてきました。「燐とした表情」とか
「低い歌声」とか言っては、答えをごまかしている自分がいやで仕方がありませんでした。結局、
ただ好きだったんじゃないかなって思うんです。ただ自分としてはそんな状態が許せなくて、いくつもの言い訳じみた
言葉を重ねてきました。でも今はこう思うんです。はっきりした解答を持っていなくてもいいのではないかって。
はっきりした答えを持っている人が本当のファンであるとも言い切れないのですから。
私が百恵ちゃんを好きな訳はいくつもの言葉を重ねて成立するものではないのですから、もっと
素直に、自然に百恵ちゃんへのおもいを表現してもいいのではないかと。
私に限らず皆さんも幾度となく「百恵ちゃんのどこが好き?」と聞かれたことがあると思います。
今までどう答えてきましたか?私のように言い訳じみた事をいってきた人は、まずいないと思いますが。
「私にないものを持っていて、私と全く違うタイプだから」これが私の正直な理由のような気がします。
「声が好き」「表情が好き」など細かいことは、その理由の上に成り立ってもおかしくないと思うんです。
その細かいことも大事ですが・・・。
私たちファンはただ好きという状態に満足せず、なんだかんだ飾りたてたことばをつけて好きな人を
表現しようとしてしまいがちだと言います。百恵ちゃんと出会って6年経った今、私はもっと素直な
意見を持ちたいと思っています。あと今話題になっている衣装のことですが、一言。
絶体絶命の衣装、好きです。あの歌なら今はやりのパンツスーツも会うと思いますが。
私、百恵ちゃんのパンツスーツ姿見た事ないんですよね。
百恵ちゃんの歌に一つそんな姿があってもよかったと思います。でもその時代はパンツスーツ
なかったのかな?それと私は緑色が好きなのですが、百恵ちゃんの緑色の衣装を見たことがありません。
どなたか見たことがある人、ご一報ください。

曲名タイトル間違えました。 投稿者:かつ  投稿日:05月16日(日)14時22分42秒

「走れ風のように」だって・・・情けない。ご愛嬌と言うことで許してください。(笑)

書きこみ増えてて楽しいです 投稿者:かつ  投稿日:05月16日(日)13時52分01秒

僕が百恵さんの衣装について書いたことで、結構ひんしゅく
を買ったかもしれませんね(笑)失礼しました。
中原さんの書かれた通り、今と昔では価値観が大いに違って
いますよね。それに日本人のファッション感覚の水準がこの
20年くらいでぐっと向上したとも言えると思います。百恵さん
の名誉のために言うと、当時何かの音楽祭で彼女はベストド
レッサー賞を受賞していましたよね。僕も引退コンサートの
あの白い衣装にはため息をつかされました。今見てもとても
美しいものですよね。でも、僕は青い衣装も好きなんです。この
服を着て歌った「曼珠謝華」「秋桜」「いい日旅立ち」「イントロ
ダクション・春」などの歌やその時の彼女の心境なんかにさりげなく
合っていたと思うんですよね。ドラさんやMIさんのご指摘どおり、
百恵さんの物を大切にする心の現われなのでしょう。今の日本人が
失ってしまった価値観ですよね。素晴らしいと思います。エンターテ
イメントに徹する今の美川憲一とか小林幸子の紅白の衣装って、その
時はワーって人目を楽しませるかも知れないけれど、肝心の歌が衣装
に負けてしまうような気がします。
ドラさん、僕には「赤い衝撃」は赤いシリーズの中では最もつまら
ないものだったのです。というか、シナリオにあまりにも無理があり
過ぎて子供心にしらけてしまったのです。でも、「走れ風のように」
は主題歌よりもむしろ好きなくらいでした。百恵さんの歌唱も余裕た
っぷりで頼もしい限りでしたよね。でも、今再放送されたら「衝撃」
でも絶対見ちゃうでしょうね。(笑)
僕もMIさんと同じで「夢先案内人」と「百恵白書」の頃からはそれ
までとはさらに強い思いで百恵さんに入れ込んでいました。このシン
グルとアルバムって百恵さんがヴォーカリストとしての力量を発揮し
始めた作品だと僕は思っています。「夢先案内人」の明るいポップ調
はそれまでの彼女のシングルにはなかったものですし、「百恵白書」
もヴァラエティーに富んだつくり、「歌い継がれてゆく歌のように」
「I CAME FROM 横須賀」「鏡の中のある日」のように彼女の色
が色濃く出た曲達。彼女が高校を卒業する頃で、精神的にも成長して
余裕が出てきたと言うことなのかも知れません。
僕も百恵さんのいない日本の芸能界には全く魅力を感じなくなってしま
いました。あれだけテレビに出ずっぱりだった彼女がいなくなって、ど
うなってしまうのだろうと思っていたら、聖子が出てきてそれなりに
回っていきましたよね。僕は聖子が今でも大嫌いで、余計邦楽離れを起
こしたのかも知れません。僕の場合は洋楽にのめり込んでいって、憂さ
を晴らしました。(笑)もちろん引退は悲しい出来事でした。引退コン
サートでも、僕も涙しました。でもそれと共に彼女の生き方は僕に大い
なる勇気を与えてくれました。自分の信念を貫く勇気、自分を見失わな
い真の強さ、「蒼い時」を読んで得たものは実に計り知れません。その
部分を含めて僕は百恵さんの大ファンであり、そう言う意味では僕の人
生にとっては百恵さんの引退もポジティブに関わっています。(当時は
もちろんショックでしたけど・・)
長くなりましたね。ここらで失礼します。まりんさん、四戸さん、初め
まして。またここでお会いしたいです。 

ラストコンサートのビデオ 投稿者:中原 有輝  投稿日:05月16日(日)12時13分33秒

修学旅行のせんべつの残りで買いました。
衣装に関しては、今と昔では価値観が違うし、百恵さんが
一人で衣装を選ばれたわけではないと思うので、百恵さんはセンスが無いとは言えません。
でも最後の有名なあの白いドレスは、よく似合って素敵だと思います。
髪につけてた花も、あれが一番きれい。レコード大賞の「秋桜」の時の白いドレスも、
良かったと思います。彼女は、割と白が似合うと思うのですが。

当時の思い出 投稿者:MI  投稿日:05月16日(日)11時38分17秒

「夢先案内人」、「百恵白書」の77年春から引退の80年の4年間は、
百恵さんの思い出ばかりです。小学校6年から中学3年だったこの
頃の僕は、とても辛いことが多かったので、一人部屋で百恵さん
の歌を聞くことだけが一番の楽しみでした。ですので引退の時の
ことは,今でも思い出すととても胸が痛くなります。ラストコン
サートビデオに映る客席の女性のように、僕もわんわん泣けて、
涙が止まりませんでした。僕の毎日の生活の中で、唯一励みを与え
てくれる天使のような彼女がいなくなったら、いったい僕はどうなっ
てしまうんだろうって。「百恵さんが結婚して幸せになるんだから,
喜んで上げなきゃ」なんて言う人には、僕の気持ちなんかわかるも
んかって、腹を立てていたのも覚えています。だって僕はやっぱり
子供だったし、三浦友和さんにも相当怒りまくってました。
ここにメッセージを残される方の中には、最近ファンとなった方も
たくさんいるようですが、僕のようにリアルタイムで彼女を姿を追
っていたファンの方々には、彼女の引退がどういう形で受け止めら
れ、どういう変化をもたらしたのか…。僕のように、彼女の引退が
トラウマティックな経験だったという方々のお話を聞かせて欲しい
なと思います.僕の場合,彼女の引退を機に、全くテレビを見ない
少年になってしまいました。あの四角いBOXの中に、もう彼女は
現れないんだという現実が辛くて辛くてたまらなかったのです。
大人になった今でも、僕にとってテレビは映画ビデオを見る媒体
でしかありません。ティーンエージャー時代の衝撃って結構長く
人生に影響を与えるものですね。

良い思いで 投稿者:四戸 秀雄  投稿日:05月16日(日)10時20分48秒

山口百恵さんについては、良い思いでしかありませんが、皆さんはどうでしょうか?
中学・高校時代のトップアイドルとして、感慨にふけることが出来ます。
もしかしたら、同級生が読むかもしれませんね。みんな良い思いでが有ったら、メールして下さい。

百恵さんの衣装 投稿者:MI  投稿日:05月16日(日)06時34分23秒

当時トップスターだったわりには、確かに百恵さんは余り衣装にお金を
かけていた方ではなかったように思います。
77年紅白のイミテーション・ゴールドのドレス(確かにちょっとダサい)
は、翌年のザ・ベストテンでもよく着てるし、77年レコード大賞の秋桜の
衣装もそのまま次の新曲乙女座宮の衣装に使ってます。
78年のレコード大賞(プレイバック)で着た黒と紫のドレスも、
翌年の美サイレントで、何度も着てました。蒼い時でも述べているとおり、
大スターでありながらも、質素で倹約家という百恵さんの性格からかも知れません。
さてそんな彼女の洋服の趣味が良いか悪いか…。当時小さかった僕は
余り気にも止めませんでしたが、確かにかつさんのお母さんが
おっしゃる通り、あまりセンスの良い方ではないのでは(百恵さんごめんなさい)。
ラストコンサートの、特に赤のパンツルックと青いドレスはちょっとね…。
幸せいっぱいすぎて、この時の百恵さん、ちょっとふっくらしすぎてる感じ。

はじめまして 投稿者:まりん  投稿日:05月16日(日)00時41分49秒

はじめまして。
百恵ちゃんが大好きで、ずっと百恵ちゃんにあこがれていました。
このページを見つけたときは本当にうれしかったです。
会社からはなかなか書き込めなかったんですが、自宅にPCを買ったので、初めておじゃましました。
コンサートは3回行きました。最後の武道館にも行きましたよ〜。
コンサートの時に、前の年の紅白で着ていた衣装で歌っていたのを覚えています。
そこが、彼女なりの“こだわり”なんでしょうね。
みなさま、これからもよろしくおねがいします。 m(__)m

走れ風と共に 投稿者:ドラ  投稿日:05月15日(土)21時43分03秒

この「走れ風と共に」はシングルを買った76年からずっと好きな
曲です。7年前、関西で「赤い衝撃」の再放送をやっていたのです
が(深夜)かかさず毎日見ていました。南田洋子がたしかいじめ役。
主人公友子が走っているシーンは何か早送りに見えるのはご愛敬、でしょうね。
さてかつさんの言われている「紅白の衣装」なのですが、これも百
恵ちゃんなりのこだわりがあったように感じています。当時から紅
白は歌手が晴れ舞台として衣装にも気合が入ったものだったように
記憶していますが、百恵ちゃんは「質素」にこだわっていたように
感じています。その思いをピークにしたのが77年の「イミテイシ
ョン・ゴールド」でした。この衣装は普段どおりだったように覚え
ています。79年の「しなやかに歌って」も曲のイメージどおり、
さわやかな感じでしたね。個人的にはやはり「秋桜」のレコード大
賞歌唱賞受賞の時に着ていた白いドレスがいいと思います。突然の
涙(三浦友和からの電話が入ったからですが)にも驚かされました
し、百恵ちゃんの魅力が増した瞬間でもありましたので。

百恵さんの衣装について 投稿者:かつ  投稿日:05月15日(土)09時45分25秒

当時人様の洋服を縫って収入を得ていた母が、百恵さんの衣装は
趣味が悪いと繰り返していました。もちろん僕はそんな言葉には
耳を貸しませんでしたが・・(笑)僕にとって最も印象的なのは
「秋桜」の時着ていた紫の衣装です。「秋桜」用に用意されてい
た物の中でやはり紫が一番すんなり来ました。百恵さん自身、黒
と白と共に好きな色だったそうです。
絶体絶命やプレイバックpart2の衣装もよかったですね。
ところで、しんいちさんのこのホームページの紅白の時の写真を
見て、当時は紅白だからといって衣装に今ほどお金をかけていな
かったのだな、と気づかされました。トリを務めた「プレイバッ
ク・・」くらいからですね。派手になっていくのは。
MIさん、メールどうも有難うございました。「謝肉祭」に関し
ては以前も触れられていましたが、もちろんソニー側にも不満で
すが、差別用語だからと言って闇に葬り去ろうとする日本の状況
に僕は更なる不満を覚えます。差別用語は差別用語として認識し、
使い方に細心の注意を払うことはもちろん大切だと思います。で
も「ジプシー」という言葉でしか表現できないニュアンス、語感
といったものまで封じ込めてしまうのは大いに問題だと僕は考え
ます。特にこうした何かを表現しようという場においては尚更です。

美・サイレント 投稿者:MI  投稿日:05月13日(木)11時34分30秒

テレビでの「美・サイレント」の放送が話題になっていますね.
僕は海外に住んでるので見ることは出来ませんが、たしかこの曲では
白のタイトスカートの衣装でしたね。
彼女の衣装の中では、「絶体絶命」の黒のSee Throughのドレスか、
「ロックンロール・ウイドウ」のはじめの黒のドレスが特に好きでした。
「謝肉祭」の、ポマードべったりの髪もカッコ良かったな―.
フランス人の友達に「日本のある名曲が、ジプシーという言葉を含んでいる
ために、闇に葬られそうなんだ…」と説明したところ、彼も
ジプシーが差別用語だ何て、全く何処の国でも聞いたことが無いと言って
いました。ジプシーが住んでいるわけでもない、ジプシーがどんな人達
か知りもしない日本人が、なぜそんなことに繊細・過敏なのがどうしても
不思議に思える、とも言ってました。
全くその通り。ジプシーを名にしたレストランやグループ,映画は海外では
いたるところに見うけられます。謝肉祭は名曲です。ソニーの方は、冒涜とも
思える事をしておいて、もっと正式に釈明するべきだと思います。

ありがとうございます 投稿者:とおる  投稿日:05月13日(木)06時25分54秒

確かにプライベートな質問良く無かったですね。miki さん 教えてくれてありがとうございます。

お久しぶりです 投稿者:かつ  投稿日:05月13日(木)00時17分50秒

こんにちは。みなさん。お久しぶりです。日本に戻ってもう一ヶ月
が過ぎてしまいましたが、いろいろ忙しくしていて、このページとも
ご無沙汰してしまいました。だから、この掲示板を読むのもちょっと一苦労でしたよ。
ところでこの前の「美サイレント」の映像、見ました。本当に久しぶ
りで感動ものでした。現在のヒット曲や当時の秀樹とかピンクレディー
などの中で、百恵さんだけ異次元空間の風を感じたのは僕だけだった
でしょうか。百恵さんの歌に対するアプローチの仕方や切り込み方って
実に特異なものがありましたね。歌というよりもドラマ的な雰囲気を
感じました。それにしても、あれだけの黄色い声援を受けながら、それには
笑顔で答えたりすることなしに、ずっと自分の表現世界を守っている百恵
さんの姿に鳥肌が立ってしまいました。
僕も遅れ馳せながら、百恵さんのベストフィルムに投票させていただきました。

赤い疑惑 投稿者:安田希紗良  投稿日:05月12日(水)18時17分38秒

先日、赤い疑惑のLPを買いました。
800円。ただ、レコードを聞く機械を持っていないためどのような内容のLPなのか
わかりません。このLPを持っていらっしゃる方がおられましたら内容を教えてください。

赤い衝撃 投稿者:まみ  投稿日:05月11日(火)21時06分44秒

久しぶりの書き込みです。
最近、広島では「赤い衝撃」の再放送が始まりました。
SACHIKOさん、「走れ風と共に」が劇中歌として使われているドラマです。
私はこの歌、2番の歌詞が好きです。個人的に。
実は4月の終わりに「赤い死線」も再放送していたのですが、
これは放送が終わって気づきました。5時からの放送なのに、新聞に「赤い死線」
のタイトルを見つけたのが6時15分でした。。。

××××の謎解決! 投稿者:SACHIKO  投稿日:05月11日(火)10時32分18秒

安田さん、mikiさん、中原さん、うさぎさん、みよさん、Thank youです。いや、そんな事も知らないなんてファン失格ですよね。
でも、百恵さんの現役時代の映像をほとんど見た覚えが無いので・・・。なんせ百恵さんは私が1歳のときに引退したんですから。
最近、「走れ風と共に」がいたく気に入って、何度も何度も聞いております。

百恵ちゃんの妹は 投稿者:miki  投稿日:05月10日(月)07時07分05秒

とおるさん初めまして!!百恵ちゃんの妹ですが、確かに5歳離れた妹が居ます。
淑恵(としえ)さんといいます。

妹さんの名前の件 投稿者:みよさん  投稿日:05月10日(月)07時06分22秒

妹さんのお名前を知っています。マスコミでもかなり話題になっていましたから。
でも、現在百恵ちゃんは、一般人として暮らしていらっしゃいます。
今更ネット上でプライベートな事柄を公開するのはどうかと思います。
百恵ちゃん自身が「蒼い時」に妹さんのお名前を書かれているので、
そちらをご覧になってはいかがでしょうか。
勝手ながら、私の意見でした。

百恵ファンの皆様に 投稿者:とおる  投稿日:05月09日(日)06時13分47秒

勝手ながら,お聞きしたいことがあるのですが,
山口百恵さんに,妹がいらっしゃると,聞いたことがあるのですが,
名前をご存知でしょうか?

http://www.hi-cara.com/mps/index.html


初めてお便りします 投稿者:ヨシ  投稿日:05月08日(土)21時18分45秒

百恵ちゃんのファンです。たまたまこのページを検索で見つけました。
ところで是非教えて欲しいのですが、僕は百恵ちゃんのCDを殆ど持っているのですが、
今回の百恵伝説U興味が有ります。購入するかどうか迷っているのですが豪華カラー写真52ページは一見
の価値があるでしょうか。一万円は僕のような学生にとっては大きいのでどんな内容なのか誰かおしえて
くれませんか。宜しくお願いします。ちなみに謝肉祭以降の百恵ちゃんの写真がたくさんあればいいのですが。

××××は…パート2 投稿者:みよさん  投稿日:05月07日(金)23時46分48秒

うさぎさんのいうとおり、1度目はときめきで、2度目はひとときです。
当時「ザ・ベストテン」で、一度だけテロップが流れました。
久米さんと黒柳さんが「よ〜く見るように」というので、
急いで書きとめ、以来ずっとそれを口ずさんで歌ってます。

××××は 投稿者:うさぎ  投稿日:05月06日(木)22時33分43秒

1度目はときめき、2度目はひとときです。たしか・・・。

美・サイレント 投稿者:中原 有輝  投稿日:05月06日(木)18時43分42秒

放送された部分に関しては○○○○が“横顔”で、××××が“ときめき”
だと思っていました。 友達もみんなそう言ってましたし。 
新聞の雑誌の広告(たぶん女性セブン)に載ってたんですが、
百恵さんが離婚されるとかされないとか・・・
週刊誌のことだからうそかほんとかはわかりませんが、
もう読んだ方や、何か知ってらっしゃる方は、教えて下さい。

美・サイレントの件 投稿者:miki  投稿日:05月06日(木)15時49分19秒

昨日の歌の大辞10は3位でしたね。なんと”レッツゴーヤング”のVTRでしたね。
○○○○と××××は当時すごく話題になり、○○○○は2度共”情熱”で、××××は、
1度めは”ときめき”2度目が”きらめき”か”ひととき”です。

ちょっとした後悔。 投稿者:安田希紗良  投稿日:05月06日(木)12時39分22秒

昨日の歌の大辞典での「美・サイレント」。大辞典では2度目の曲なのでまた前回と同じ映像かな
と思っていたら、違っていましたね。(前回見た人しかわからん)ビデオに撮らなくて・・・・・
ちょっと後悔。
SACHIKOさんへ・・・・。×のところですが確か「きらめき」って言っているはずです。
私もあなたと同い年です。ちなみに、来年成人式なんですが、振り袖は百恵ちゃんが「ホリプロ
晴れ着撮影会・・・?」(確か昭和54年だと思いますが)で着ていた着物と同じ色のピンクにしました。
百恵ちゃんのものは300万ぐらいするそうです。すごいですね。

What's××××? 投稿者:SACHIKO  投稿日:05月06日(木)09時09分44秒

昨日、歌の大辞典に百恵ちゃんが出てた!当時20歳って、私と一緒やんけー
って感じやったけど、めっちゃ大人っぽい。かっこよかったあ。
なんか、昭和54年って私が生まれた年なので、すごく懐かしかった。
ところで、美・サイレントで、♪あなたの〜○○○○は、”情熱”だと
思うんだけど、♪燃えてる××××は、なんて言ってるの?誰か、教えて下さい。

 投稿者:中原 有輝  投稿日:05月01日(土)20時36分24秒

何だか世間が大変な事になってて、しばらく書き込みをしてなっかたん
ですが、通信販売のカタログをみていたら、「百恵さんも愛用との噂!
色白になりたい方に」という見出しで、「竹塩石鹸」という、
怪しげなものがあったのですが、みなさんはこの噂、どう思います?

ベスト映画投票 募集期間延長のお知らせ 投稿者:管理者  投稿日:05月01日(土)05時39分05秒

山口百恵のベスト主演映画の投票募集についてですが、
投票者が小人数の事情から、急遽5月31日まで期間延長しました。
投票映画のタイトルとあなたのペンネームだけの入力/送信でOKです。
まだ投票していない方は是非とも宜しくお願いします。
参考までに現時点の第1位は、僅かな票差で「古都」となっております。

管理者shin1 ももえ掲示板

 ホーム